上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先週東京であつまったキンギョフ、めっちゃ楽しかった。我ながら企画力あるわー・・・。いやちがう、皆さんの金魚愛がつよいんだ。
 おとといくらいの晩、次はどこで集まりたいか、なんという妄想なトークがあったんだけれど、香港だの台湾だのという話まででました。面白すぎる・・・。


 せっかくなので、ちょっと現実的なところで考えてみました。
1年後くらいの春か初夏に、第2回キンギョフ(または単なる家族旅行)をするというのはどうだろう?

場所は・・・あこがれの弥富市!!金魚の産地で有名なだけじゃなくて、私の住む盛岡からだとアクセスが楽だから(飛行機で名古屋に行けばいいので)

 旅の行程(イメージ)

金曜日
 (年休を取り)仙台から夕方の便で名古屋へ
 (名古屋泊)

土曜日
  朝、名古屋観光 
  昼すぎぐらいに、参加者と合流
  近鉄名古屋~近鉄弥富(15分くらい。JRだと23分くらい) 
  養魚場をいくつか訪ねる。必要があれば、レンタカーorタクシーを借りる(?)

 (例)内藤養魚場 駅から1キロ (要 事前連絡)
    丸照養魚場 駅から1.3キロ(小売り)
    深見養魚場は、駅から9キロ (要 事前連絡)
   
・・・・などなど?

 夕方お店が閉店する時間に合わせて名古屋へ。
 名古屋で宴会

(日曜日)
  朝から観光!
  名古屋城とか、熱田神宮とか名古屋港水族館とか!
  そして名古屋グルメを楽しむ・・・うふふふ。
 
  夕方ぐらいの飛行機で帰る(名鉄名古屋30分くらい)
  中部国際空港から仙台まで70分くらい
  仙台空港アクセス線30分くらい
  仙台盛岡60分くらい・・・・。


うわー、遠いなあ。うーん。
でもまあ妄想はいいよね!

 いつか二回めができたらいいぷく。
 
スポンサーサイト
 「はじめに」のところにも書いていますが、私は去年の震災をきっかけに金魚にハマりました。なんとなくではありますが、私とオットーにとって金魚は【震災の象徴】でもあるように思います。

 私の住む岩手県では3月11日の他に4月7日の余震で停電がおこり、当時飼っていた金魚のぴーちゃん(ミックス コメット系)が調子を崩し、4月の下旬に遠くへ旅立ってしまいました。1年前の今時期というのは、スーパーの陳列棚が空状態になったり、ガソリンが入れられずに買い物行けるのかなあと思ったり・・・震災と原発のことで不安な気持ちでいっぱいでした。

 そんななかでお迎えしたのがぷくぷく丸です。

 ぷくぷく丸を飼い始めた頃、twitterの#kingyoで、金魚ツイートをするようになりました。
そのなかで飼育のしかたを教えていただいたり、便利な器具の事を教えていただいたりして、金魚がもっと身近に愛しい生き物であるように感じられるようになってきました。震災直後、金魚なんぞ飼ってる場合でははないよな、と思った事もあったのですが、自分についていえばペットを飼ってかなり元気を貰いました。
 そのうちに少しずつですが、震災で感じるストレスが薄くなってきたように感じます。毎日お世話に集中しよう、小さい生き物を大切にしよう、(震災にばかり心を捕われてしまいがちだったので)なにかに向かっていることでかなり不安が軽減されたように思えます。Twitterで他愛の無い事をつぶやきながら、仲間のお家で飼っている金魚たちもかわいく思えてきて、幸せを貰っています。

 このようなゆるくて穏やかなTwitterのつながりを私はとっても大事にしているのですが、このお正月、Twitterの金魚オフ会をしたらどうか、という話が盛り上がりました。皆さんの協力もあって、あれよあれよと条件が整い、4月13日から15日の「日本観賞魚フェア」の日にあわせようと言う事に決定。
 「金魚のオフ会(通称キンギョフ)」には14人が集まり、楽しい時間を過ごしてきました。

(こちらはキンギョフのためのイラスト)
イラスト



... 続きを読む
2012.02.13 金魚オフ会
久しぶりの更新です。
金魚ズはあいからず可愛くて元気いっぱいです。

仲良きことはうつくしきかな。


さて、仲良くなったといえば。。。。
Twitterで仲良くなった金魚仲間のみなさんとオフ会を企画することになりましたよ!やっほう!

なんと呼びかけたところ10人以上も集まりそうです。素晴らしい。わくわくして夜も眠れません。(嘘)
もー、何を着て行こうかしらっ。


今日のカットはセクシー三日月丸です。



すいませんごめんなさい。暴走してました。てへっ。

参加に興味のある金魚好きの方は、こちらをご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。